格安葬儀紹介会社を利用!

 

葬儀費用を安く済ませたいなら、格安葬儀紹介会社を利用!

 

葬儀費用って思ったよりも高くて驚きました!

 

全国平均が約197万円って高いですよね。。。

 

これ家族が続けて亡くなったら、破産する額。

 

お金がなくても葬儀をしないわけにはいかないし。

 

気持ちだけでも大切な家族を見送りたい。

 

そんな方のために、この記事を書きました。

 

最近は安く葬儀が行える、葬儀紹介会社の利用者もかなり増えています。

 

基本プランが定額で利用できるのが、人気の秘密です。

 

この記事では葬儀費用を安くするために、格安葬儀紹介会社と各基本プランについて説明します。

 

 

葬儀費用の平均金額と内訳

 

 

消費者センターの調査によると、全国の葬儀費用の平均金額が約197万円。

 

内訳は、葬儀費用120万円、接待費30万円、寺院費用47万円。

 

この数字は全ての葬儀を足して割ったものなので、大規模な社葬なども入っていますから、一般家庭での葬儀はもっと安いと思います。

 

この内訳について詳しく説明します。

 

<葬儀費用>

 

これは葬儀会社の基本プラン料金を指したものです。

 

ご遺体の搬送、安置、枕飾り、棺・棺用布団、仏衣一式、ドライアイス、祭壇、式場費用、控え室費用、運営スタッフ、受付セット、焼香セット、会葬礼状、手続き代行、骨壺、簡易自宅飾り一式等、葬儀に必要なものを指します。

 

<接待費>

 

通夜振る舞い、精進落とし、返礼品、お茶菓子や飲み物など。

 

<寺院費用>

 

葬儀を仏式で行う場合に、菩提寺のお坊さんをお呼びして、通夜、告別式、初七日の読経をあげて貰い、戒名を授与して頂きます。またお車代、御膳代、お布施等、全て含めた費用を指しています。

 

葬儀費用+接待費+寺院費用=葬式費用の総額です。

 

お香典を頂いた場合は、差し引いた額が自己負担金となります。

 

これをふまえて、格安葬儀紹介会社の基本プランの説明をします。

 

 

葬儀費用・基本プランの料金

 

 

葬儀紹介会社とは、お客様の在住地近辺の葬儀会社を紹介して成り立っています。

 

通常仲買業者を通すと、料金が高くなりそうですが、葬儀紹介会社は基本プランの設定で、価格を安く保つことに成功しています。

 

また葬儀会社が空いている枠で葬儀を行うので、安くできるという事情もあります。

 

 

ここでは葬儀紹介会社の中でも大手で、最も葬儀を行っている「小さなお葬式」の基本プランを紹介します。

 

出典:小さなお葬式

 

通常価格だと、129.000円〜609.000円と幅広い価格帯ですね。

 

これは上記の葬儀費用の部分だけですので、この他に接待費と寺院費用がかかることを忘れないで下さいね。

 

でもこの基本プランからどうやって選べば良いのか、少し分かりずらいですよね。。。

 

プランを選ぶ目安は、参列者の人数と葬儀の予算で決まります。

 

次の章でくわしく説明します。

 

 

葬儀費用のプラン詳細

 

まずは小さなお葬式基本プランの詳細です。

 

出典:小さなお葬式

 

葬儀において何を重要視するかで、葬儀プランの選び方は変わります。

 

とにかく費用が安い方が良い。

 

しっかりと葬儀を出してあげたい。

 

無宗教での葬儀を希望する。

 

小さくても心に残る葬儀をしたい。

 

ご家族の都合で選ぶことが出来ます。

 

またこの時に気を付けないといけないのが、参列者の人数と葬儀の予算。

 

この二つを頭に入れて、基本プランの良い点・悪い点をお話しします。

 

 

葬儀費用・基本プランのメリット・デメリット

 

 

<火葬式>

 

メリット→基本プラン料金が一番安い。

 

デメリット→式をしないので、故人とのお別れの時間がほとんどない、簡素過ぎて後で後悔する可能性も。

 

<一日葬>

 

メリット→基本プラン料金が安く、葬式にかかる時間が短くて済む。

 

デメリット→通夜をしないので、故人とのお別れの時間が短い。

 

<家族葬>

 

メリット→参列者が遺族・親族・親近者のみなので、故人とゆっくりとお別れできる。

 

デメリット→参列者が少ない分、香典が減る。葬儀後に自宅に弔問客が来る。

 

<一般葬儀>

 

メリット→誰にでも参列して頂ける、香典もそれなりに集まる。

 

デメリット→葬儀費用が高い、参列者が多いと故人とゆっくりお別れする時間が足りない。

 

基本プランによってメリット・デメリットが随分と変わりますね。

 

ご自分の希望スタイルで予算内に収まれば一番良いのですが、注意事項もあります。

 

 

まず、社会的地位の高い方、又は自営業を営んでいた方は、参列者も増えるので一般葬が良いと思います。

 

安いからと家族葬にしてしまうと、参列できなかった方々が、葬儀後自宅に押し寄せて、遺族が大変な思いをすることもあります。

 

また小規模の葬儀は参列者も少なく、お香典が集まらないので、遺族の持ち出し費用が多くなるケースもあります。

 

参列者が多いと思って一般葬にしたら、参列者が予想の半分以下で、自己負担金が増えてしまったケースも聞きます。

 

ですから、葬儀プランを決める時には、参列者の数はとても重要ですので、慎重に数えて下さい。

 

 

また家族葬を選んだら、後から親戚に文句を言われた、火葬式にしたら菩提寺のお坊さんが認めてくれず来てくれなかったなど、葬儀でのトラブルは案外多いものです。

 

葬儀費用を安くすることは重要ですが、周りとの連携もまた大切、事前に親族やお寺で情報収集をして、角を立てずに済ませたいものですね。

 

 

葬儀紹介会社の費用比較

 

格安の葬儀紹介会社大手3社の費用を比較してみましょう。

 

出典:葬儀費用を安く済ませたい方必見!葬儀プランの選び方

 

基本プランも料金も似ていますが、内容をよく見ると違うこともあるので、ホームページ又は資料請求をして、良く確認して下さい。

 

例えば、付き添い安置の費用は、よりそうのお葬式とイオンのお葬式ではオプションとなり、5万円以上かかりますが、小さなお葬式では基本プランに含まれています。(火葬式は別料金)

 

このような微妙な差で追加料金がかかりますので要注意。

 

 

一番大切なのは、事前に資料を請求して、見積額やオプションの種類などを見比べること。

 

この時に同じ条件で複数の葬儀社に見積もり請求して下さい、その方が見比べ易いです。

 

例えば家族葬で参列者30名など。

 

また小さなお葬式は無料の資料請求だけで、事前割引はもちろん、エンディングノートも貰えます。

 

私もこのエンディングノートを使っていますが、とても便利で今後のことを考えるきっかけとなりました。

 

 

突然の家族の死ですぐに葬儀会社を決めないといけない場合、3-4割の家族が病院と提携している葬儀社に依頼するそうです。

 

しかし病院提携の葬儀社は高い事が多いので、やはり事前に健康で時間のある時に余裕を持って、葬儀社の比較検討をするのが一番ですね。

 

全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

 

 

一番安いのは無宗教の火葬式

 

もしお金がないので最低限の葬儀で良い、というのならば無宗教の火葬式が一番安いです。

 

小さなお葬式のプランならば、119.000円(税別)からご利用頂けます。

 

ただし火葬場でお坊さんの読経もなく、花束ひとつで火葬するだけなので、簡素になることだけは覚悟しておきましょう。

 

 

また生活保護受給者、または生活保護受給者が亡くなり身寄りのない場合、自治体から葬儀費用のサポートを受ける事ができますので、住民登録がある自治体に事前に問い合わせてみましょう。

 

 

葬儀費用を安く済ませたいなら、格安葬儀紹介会社を利用!まとめ

 

 

葬儀費用を安くするコツをお話しました。

 

@格安の葬儀紹介会社を利用する
A事前の資料請求で割引を受ける
B複数の葬儀社から見積もりを取り、比較検討する

 

葬儀を安く済ませたければ、この3つは必ず行いましょう。

 

葬儀はやり直しのきかないものです。

 

葬儀費用とクオリティーで満足したければ、事前準備は必須。

 

いざという時に慌てないように、今から考えておくのが賢いやり方です。

 

 

また資料請求をすると割引があり、浮いた分のお金を他の費用に回すことも可能。

 

仏式葬儀は終わった後も、仏壇購入・四十九日・墓購入・法要とお金がかかります。

 

限られた予算の中で、上手にお金を使えるように、事前に情報収集はかかせませんね。

 

 

小さなお葬式では葬儀をトータルでサポートしていますので、ぜひ資料請求してみて下さい。

 

見積書や基本プランはもちろん、僧侶派遣や葬儀の総合サービスを提供しているので、見るだけで勉強になります。

 

私も小さなお葬式に資料請求しましたが、営業電話などは一切かかってきませんので、ご安心下さい。

 

割引制度を使い、賢く葬儀費用を節約しましょう。

 

 

>>最大71.000円の事前割引を今すぐ申し込む<<