小さなお葬式のクレーム・小さなお葬式は最悪?酷い口コミを徹底解明

 

 

小さなお葬式は年間葬儀受注件数が全国で1番の葬儀紹介会社で、最低限の葬儀プランや明瞭会計で人気を得ています。

 

良い口コミがある反面、当然悪い口コミもあり、葬儀社を探しているユーザーは不安になりますよね。

 

小さなお葬式のプランは便利で安い、だからお願いしようと思ってたけど、クレームがあるということは、悪い会社なの?と疑問を持つ方も多いと思います。

 

ここでは代表的なクレームについて、なぜそんな風になってしまったのか、またそのようなトラブルを避ける為に事前に出来る事も、徹底的に解明してみたいと思います。

 

小さなお葬式のクレーム

 

まずは小さなお葬式の中でも、一番有名な悪い口コミをご紹介します。

 

実はこの口コミがあまりにも酷いので、ライバル社の嫌がらせじゃないか?という噂がたつほどでした。

 

真偽のほどは私達にはわかりませんが、こちらのスレ主の寝月さんは見積書の一部も公開していることから、本当に起こった事とも考えられます。

 

この口コミは価格.comから引用しています。

 

 

小さなお葬式は最悪の葬儀会社です。

 

2014/04/21 16:26(1年以上前)

 

葬儀・葬式
スレ主 寝月さん
クチコミ投稿数:15件

 

祖母が危篤になり小さなお葬式という葬儀社に葬儀の事前相談をしました。親切に話を聞いてくれて丁寧な対応でした。
低価格で内容がしっかりしていて、追加料金0円で葬儀ができるとの事でここの会社に決めました。

 

その後、祖母が亡くなり葬式を依頼しまのですが、追加料金0円なんて嘘です!

 

お通夜行わない一日葬プランで依頼したのですが

 

HP には亡くなったら30分から1時間ですぐに病院に迎えに行きます。記載されていましたが病院で2時間待たされました。
(電話対応した女性はすぐに病院に行きますと言ったのですが)

 

祖母を物のように扱われ、口と目が開いていたので処置をお願いしたら、お金を払わないとなにもしないと言われ、お金がかかってもいいのでとお願いしたら157500円も取られました!

 

棺もセットに入っているのに、「これはベニヤの安物棺だから
いい棺にしましょう。」と言われて気が付いたら84000円の棺が用意させてました。

 

お通夜を行わない一日葬プランでも前日から式場に宿泊できると事前の相談で話を聞いていたのですが、葬儀屋の勝手な都合で宿泊させてくれませんでした。
それどころか、線香をあげに式場に行っても葬儀屋の勝手な都合で式場に入れてもくれませんでした。

 

金額的な事や内容の事で文句を言うと「葬式やらないぞ!」
と脅されました。

 

葬儀費用も当日に払えと言われて払う事になりました。

 

最終的に事前に相談した金額の倍近い金額を葬儀屋に取られました…

 

電話で依頼を受けて、後は下請け葬儀屋に丸投げのしてお金をピンはねしている悪質な葬儀会社です。

 

詐欺みたいな葬儀屋に祖母の葬儀をメチャメチャにされました。

 

お金返して下さい!

 

この口コミを読んでショックを受けたのは私だけではないはずです。

 

お葬式というのはやり直しのきかないものなので、悔いが残ってしまいます。

 

本当にお気の毒としか言いようがありません。

 

 

このケースの問題点は下記の通り

 

  1. 追加料金0円のはずなのに、総額支払い費用が基本プランの倍以上の値段だった
  2. 病院へのお迎えが最短30分〜1時間のはずなのに、2時間かかった
  3. エバーミングで追加料金がかかった
  4. 棺がグレードアップされ追加料金がかかった
  5. 式場に前泊出来なかった
  6. 「葬儀をしないぞ」と脅しを受けた

 

大別すると、

 

@料金のこと(上記の1.3.4)
A葬儀社のサービス(上記の2.5.6.)

 

に要約されますね。

 

なぜこんな事になってしまったのか?

 

詳しく説明していきたいと思います。

 

 

小さなお葬式クレーム・請け負った葬儀社が最悪

 

祖母が危篤になり小さなお葬式という葬儀社に葬儀の事前相談をしました。親切に話を聞いてくれて丁寧な対応でした。

低価格で内容がしっかりしていて、追加料金0円で葬儀ができるとの事でここの会社に決めました。

 

とあるように、小さなお葬式の事前相談は、親切に話を聞いてくれて、丁寧な対応で満足されています。

 

低価格で内容がしっかり、また追加料金0円なので、小さなお葬式に決めたと書かれています。

 

まずはここから分かるように、小さなお葬式のプランと対応は良かったが、実際に葬儀を請け負った葬儀社が最悪だったという事になります。

 

  • 病院へのお迎えが最短30分〜1時間のはずなのに、2時間かかった
  • 式場に前泊出来なかった
  • 「葬儀をしないぞ」と脅しを受けた

 

最初のお迎え時間が遅くなることはたまにある事ですので、大目に見るとしても、式場に前泊出来ずにお別れの時間が短くなってしまった事は、本当に悔やまれると思います。

 

また「葬儀をしないぞ」と脅すなんて、葬儀社とは言えません。

 

小さなお葬式がこのような会社と知っていて紹介したとは考えにくいですよね、苦情がくるのは目に見えているのですから。

 

万が一紹介された葬儀社がこのように最悪な場合、一体私達はどうしたら良いのでしょうか?

 

まずはその場で小さなお葬式に電話して事情を説明し、違う葬儀社を紹介してもらう事。

 

高額のオプションを勝手に追加されたり、小さなお葬式と提携していないから基本プランはない、と言ったりするなんてメチャクチャ、勇気を持って断りましょう。

 

しぶしぶやった葬儀で一生後悔するよりも、一時的に揉めたとしても、違う葬儀社にお願いした方が、結果的に良い場合もあります。

 

この寝月さんも葬儀後に小さなお葬式に連絡したようですが、このような場合は相手の言いなりにならず、見積もりを作成している時に電話しましょう。

 

契約を結んでしまったら、支払い義務が生じて、もう断れませんので。

 

 

因みに小さなお葬式は葬儀社ではなく、葬儀紹介会社です。

 

自社で葬儀を請け負っているのではなく、利用者の在住地の葬儀会社と提携して、葬儀を施行します。

 

ですから、あってはならないことですが、中にはこのような悪質な葬儀社がいるのかもしれません。

 

また自社社員でないので、教育やコントロールも難しいという事もあります。

 

しかしそれを言うと他の葬儀紹介会社も同じように、葬儀社と提携しお客様を紹介しているので、このシステム自体が機能していないという事になってしまいます。

 

葬儀紹介会社は葬儀社の不透明なプランや料金を改正する為に作られたシステムです。

 

だから沢山の人達が明確なプランと格安の料金を求めて、小さなお葬式やその他の葬儀紹介会社に葬儀を依頼しているわけです。

 

もちろん悪い評判ばかりでなく、良い葬儀社を紹介して貰ったという評判も多く、満足されている方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

しかし紹介された葬儀社に当たりハズレがあるという事実は変わりません。

 

これは事前に紹介されるであろう、近隣の葬儀会社の評判を事前に調べておく事で、ある程度ハズレを引く確率は下がります。

 

また小さなお葬式に資料請求すると、見積書と一緒に近隣の葬儀場リストも届きますので、利用したい葬儀場にはどの葬儀社が提携しているのか、前もって調べておくという手もあります。

 

上記の最悪な葬儀社は2014年の事で、まさか今でも取引があるとは思えませんが、どの葬儀紹介会社を使う場合でも、近隣の葬儀社と葬儀場の評判を調べておくのは、安い費用で満足のいく葬儀をするためには大切なこと。事前の情報収集が鍵です。

 

 

小さなお葬式は追加料金0円?

 

ご存知の方も多いと思いますが、2018年12月に消費者庁は小さなお葬式を経営しているユニクエストに、「追加料金不要」と表示していたため、景品表示法違反(有利誤認)措置命令を出しました。

 

簡単に言うと、追加料金の可能性があるのに、追加料金不要とうたい、消費者が誤解しやすい表示をしているので注意を受けた、という事です。

 

実は2017年12月にもイオン葬儀が同じ措置命令を受けています。

 

上記のスレ主・寝月さんが葬儀を行ったのは2014年ですので、この措置命令以前のクレームとなります。

 

確かに格安プランで「追加費用は一切かかりません」と書かれているのでは、誤解しても仕方ありません。

 

追加料金不要と掲載していたのはユニクエストの落ち度だと思います。

 

2019年現在、小さなお葬式では、このような表記は一切されていませんし、追加料金についての詳細も載っています。

 

また写真付きで基本プランに含まれるもの・含まれないものも、ホームページに分かり易く掲載。

 

ここまで細かくホームページに載せているのは、小さなお葬式だけ。

 

上記の措置命令を受けて反省し、利用者に誤解を与えないようにする配慮だと思います。

 

 

小さなお葬式は追加料金がかかり、結局高くなるって本当?

 

 

まずスレ主・寝月さんが仰っている小さなお葬式の1日葬は338.000円のはずなのに、

 

 

総額で795.900円も請求された!

 


写真出典は価格.com

 

という金額に対するクレームですが、これは完全な誤解だと思います。

 

追加料金0円と書かれていたので、勘違いした可能性が高い。

 

この葬儀の基本プランは葬儀のみの料金であって、参列者の為の飲食費や返礼品、また僧侶へのお布施は含まれていません。

 

これは小さなお葬式だけでなく、その葬儀紹介会社でも葬儀社でも同じことですので、私達利用者は必ず事前に知っておきたい重要な情報。

 

ではなぜ基本の葬儀プランに含まれていないのか?

 

それは葬儀ごとに費用が変わるので、定額で表記出来ないからです。

 

例えば参列者の人数が増減すれば、おもてなし費用は変化しますし、僧侶へのお布施は菩提寺ごとに違います。

 

葬儀基本プラン+おもてなし費用+僧侶へのお布施=葬式の総額費用

 

私も自分で葬儀の資料請求するまで、このことを全く知りませんでした。

 

残念ながらこのスレ主・寝月さんも、この基本的な料金システムの事をご存知なかったのかもしれませんね。

 

追加料金0円と書いてあったので、基本料金のみで全て賄えると思いこんだのでしょう。

 

だから基本プラン料金の倍以上の総額費用に驚かれてしまったのではないでしょうか。

 

 

こちらの記事でも書いていますが、私個人の他の葬儀社の一日葬30名参列見積もりは

 

基本プラン約40万円+宗教費用6万円+おもてなし費用約28万円+施設使用料約8万円+菩提寺へのお布施35万円=費用総額は約117万円

 

となっています。

 

基本プランが安くても、おもてなし費用とお布施を追加すると、基本プランの2〜3倍くらいの値段になるのは普通なのです。

 

 

寝月さんの見積書全てが口コミに載っているわけではないので、想像ですが総額の内容は以下のような感じではないでしょうか?

 

費用項目 金額
一日葬の基本プラン 388.000円
おもてなし費用 ?38.900円?
僧侶へのお布施 90.000円
 オプション料金(棺桶) 84.000円
オプション料金(エバーミング) 157.500円
オプション料金(マイクロバス) 37.500円
合計金額 795.900円

※おもてなし費用は総額から各項目を差し引いて出したもので、正確な数字ではありません。また僧侶の返礼品とあったので、小さなお葬式で僧侶手配をしたと仮定しました。東京都で火葬だったので+6万円の費用がかかっています。

 

小さなお葬式の基本プランは最低限必要なものは含まれていますが、オプションプランの棺グレードアップ・エバーミング・おもてなし費用・マイクロバス・僧侶の手配などを別途注文すれば、当然その分の料金は追加されて費用は基本料金だけでは収まりません。

 

悪質な葬儀社に勧められて、オプションの追加を断りきれなかったのも費用増加の一因ですね。

 

本当に運が悪かったでは済まされないことです。

 

 

それと各項目の金額を観て頂くと分かりますが、この小さなお葬式の見積書は、他の葬儀紹介会社や葬儀社と比べても、特に金額が高いわけではありません。

 

私の他の葬儀社の見積金額のほうが、同じ一日葬で高いですから。

 

これは葬儀プランや参列人数の違いで一概に比べられませんが。

 

繰り返しになりますが、追加料金0円という表記が誤解の元。

 

現在ではこの様な表示はありませんので、このような勘違いを誘発することはないと思いますが。

 

 


写真出典は価格.com

 

そして一点だけ、エバーミングについて説明させて下さい。

 

エバーミングとは遺体を長持ちさせるために、血液や臓器を抜き取り、遺体を綺麗に保存する、高度なテクニックのこと。

 

アメリカなど土葬する国では一般的に行われている遺体の処理方法です。

 

これは専門家しか出来ませんので、通常16万〜25万円しますので、高額です。

 

病院で亡くなった場合は、看護師さんがエンジェルケアといって、体を清めて着替えをし、死に化粧までしてくれるところもあります。

 

またエンジェルケアをしていない場合、納棺師が遺体を棺に入れる時にオプションで湯灌(ゆかん)を施してくれる事もあります。

 

こちらの相場は8〜12万円。

 

清拭と言い、手足を拭き清めるだけならば、5万円〜あるようです。

 

遺体を綺麗に保つためにはエンジェルケア・清拭・湯灌・エバーミングと色々な選択があるのですが、もしかしたら何の説明も受けず、悪質な葬儀社が選択枝を与えずに、一番高額なエバーミングを追加したのかもしれませんね。

 

これは小さなお葬式の公式ページにも書いてありますが、エバーミングは遺体の損傷が激しい場合、また長期にわたって遺体を保管する場合に使われる手法です。

 

このケースの場合はもしかしたらエンジェルケアや湯灌で十分だったのかもしれません。

 

ちなみに遺体を取り扱えるのは、看護師・納棺師・専門家だけですので、葬儀社の人間が遺体を触る事は通常していません。

 

遺族はこのような遺体の保存法については知識がありませんので、葬儀社に必要と言われてしまえば、お願いせざるを得ません。

 

こちらの寝月さんは本当にお気の毒です。

 

 

しかし手元にパンフレットも見積書もあるのに、どうしてこんな事態になってしまったのか?

 

私も小さなお葬式の葬儀資料を取り寄せたので分かるのですが、基本プランに含まれているものといないものは、写真付きで明確に表示されています。

 

2014年の出来事だったので、もしかしたらここまで細かく表記されていなかったのかもしれませんし、祖母様が亡くなったばかりで資料を全て読む時間が無かったのかもしれませんね。

 

残念ながら詳細がわからないので、コメントのしようがありませんが、やり直しのきかない葬儀でこんな酷い目にあうなんて、本当に残念です。

 

 

この例からも分かるように、事前の葬儀情報の収集はとても大切です。

 

追加料金は必要ありません!と書いてあっても、鵜呑みにしてはいけません。

 

基本プランに含まれているものは葬儀社ごとに違いますし、当日の運営人数や料金も様々です。

 

突然の家族の死で自分が喪主になり、葬儀を全て取り仕切る場合、頼りになるのは自分の葬儀知識となります。

 

葬儀の資料は事前に取り寄せて、比較検討しておけば、焦らずに対応出来るので、今すぐ資料請求しましょう。

 

私の5社葬儀の資料請求体験談はこちらから

 

 

葬儀社選びに失敗しない方法

 

  1. 自分がどんな葬儀をしたいのか、参列者と予算を含めて考える
  2. 最低3社に同じ条件で見積もりを出して貰う
  3. 電話で質問し、社員の対応をみる
  4. 各会社の口コミを調べてみる
  5. 心配ならば地元の葬儀会社にも見積もりを貰って比較検討

 

この全ては葬儀になってから慌ててするのではなく、事前に行う事が重要です。

 

急に家族がなくなり、喪主となれば、葬儀社の見積もりを比較検討している時間はないからです。

 

以前は葬儀の準備を事前に始めることは、縁起が悪いとされていましたが、現在ではご存知の通り「終活」が進んでいますので、葬儀情報を収集しても問題ありません。

 

上記の5点について、詳しく説明します。

 

葬儀の種類と予算

 

皆さんもご存知のように、最近の葬儀は規模が縮小されていて、家族葬・一日葬・火葬式などの葬儀の種類があります。

 

自分に合った葬儀はどれなのか、また参列者の人数と予算も併せて考えておくと良いです。

 

次に各葬儀の種類について、メリットとデメリットを簡単に説明します。

 

家族葬の良い点・悪い点

 

○家族葬だと一般葬儀とは違い、身内と親近者だけなので、気を遣うことなく、故人とゆっくりとお別れが出来る。

 

○参列者が少ないので、おもてなし費用が少なくて済む。

 

×葬儀後にお別れ出来なかった方々が、自宅にお線香をあげに来る可能性がある。

 

×参列者が少ないので、香典の額も少なくなり、遺族の持ち出し額が多くなることもある。

 

一日葬儀の良い点・悪い点

 

○お通夜を行わないので、費用の節約になる

 

○葬式にかかる日数が短くて済む

 

×参加者が多い場合は、故人とお別れする時間がなくなる

 

火葬式の良い点・悪い点

 

○費用がかなり安く済む

 

○葬式にかかる日数が短い

 

×故人とのお別れ時間がなくなる

 

×簡素なので後悔する可能性もある

 

 

各葬儀の種類メリット・デメリットはどうでしたか?

 

親や自分の葬儀について考えると共に、事前に話し合っておくことも重要です。

 

また話し合った内容を書き留めておく、または割引の為に事前申し込みという手もあります。

 

 

葬儀が小さければ安くなるというものでもありませんので、費用については要注意です。

 

また場合によっては、呼ばれなかった親族との関係が上手くいかなかったり、菩提寺のお墓に入れて貰えないケースもあるので、これも事前の打合せが必須です。

 

 

葬儀の資料請求と見積もり

 

最低3社くらいの葬儀紹介会社や葬儀社に見積もりを出して貰いましょう。

 

この時に大切なのが、同じ条件で見積もりしてもらうこと。

 

例えば私の場合は、家族葬で30名の参列者を想定して見積もりを取り寄せました。

 

もちろん、おもてなし費用や僧侶へのお布施も含めた金額で、比較検討します。

 

また各会社の基本プランは含まれるものが違いますので、これもよくチェックしましょう。

 

私は5社の葬儀紹介会社と葬儀社に資料請求しましたが、小さなお葬式の基本プランはリーズナブルで含まれている内容も他社と比べて優れていました。

 

細かい内容はここには書きませんが、ぜひ小さなお葬式の公式ページで確認してみて下さい、きっと納得されると思いますよ。

 

また小さなお葬式は葬儀の資料請求をするだけで、無料のエンディングノートが貰えますし、割引もあるので、ぜひ見積もりを取ってみて下さいね。

 

 

見積もりを貰ったら、分からない所を電話で質問

 

良い葬儀をあげるためには、葬儀社のスタッフの対応はかかせません。

 

それを事前にチェックするのが、電話質問。

 

今はどの葬儀紹介会社も葬儀社も、フリーダイヤルで気軽に質問出来ますので、ぜひ試してみて下さい。

 

これで電話対応が悪い所には頼まない方が懸命です。

 

 

葬儀社の口コミをチェック

 

今はインターネットでいくらでも情報を調べる事が出来ますので、ネットで良いのでぜひ気になる葬儀社の口コミを調べてみて下さい。

 

また近所の方に地元の葬儀社の評判を聞くのも有効です。

 

口コミを調べる事で、良い葬儀社が分かるのはもちろん、どんな点に注意すれば良いのか、などの情報も同時に収集出来ます。

 

 

地元の葬儀社にも見積もりを出して貰う

 

先ほども書きましたが、葬儀紹介会社を利用したら、基本の葬儀プランやスタッフの電話対応は良かったが、最悪の葬儀社を紹介されて、非常に嫌な思いをした、ということもありえますよね。

 

これを防ぐために、地元の葬儀社の口コミをチェックしたり、見積もりを取って質問してみることは、近隣の葬儀社の良し悪しを見定めるうえで、非常に重要となってきます。

 

通常葬儀社にお願いするよりも、葬儀紹介会社の基本プランを使った方が安いはずですが、悪質な葬儀社にあれこれオプションを追加され、割高になったのでは元も子もありません。

 

それならば直接評判の良い地元の葬儀社にお願いするのも一案です。

 

この際基本プランと見積もりは要チェック、含まれている内容や追加料金が出そうな項目も併せて質問しましょう。

 

 

小さなお葬式のクレームまとめ

 

この記事で取り上げた寝月さんの小さなお葬式に対するクレーム

 

問題は下記の点でした

 

  • 追加料金0円という表示
  • 請け負った葬儀社の質が悪かった

 

このような場合の対策として、下記に二点が有効です。

 

  • 事前に近隣葬儀社の情報収集
  • 数社の見積書の比較検討

 

その為にも今すぐに葬儀社に、同じ条件で資料請求しましょう。

 

備えあれば患いなし、事前準備で葬儀の良し悪しは決まるといっても過言ではありません。

 

>>>私の一番のおすすめはアーバンフューネス<<<

↓↓↓↓↓

 

>>>無料エンディングノートなら<<<

↓↓↓↓↓